2013年度
〈論文〉
「POP広告による恥の低減と入店促進」前田里菜・青山佳世・柴田理那・朴ソヨン,第1回 日本広告学会関東部会学生広告論文賞・銅賞(主催:日本広告学会関東部会)
「事前のクチコミ閲覧が及ぼす広告態度への影響:クチコミに対する評価に着目して」小出紗栄・袁陸杰・鈴木真生,第1回 日本広告学会関東部会学生広告論文賞・佳作(主催:日本広告学会関東部会)
「CMから知覚されたユーモアによるクチコミ目的の違い」若松彩美・小栁修平・寄主奈美,第1回 日本広告学会関東部会学生広告論文賞・奨励賞(主催:日本広告学会関東部会)

2014年度
〈論文〉
「PBのパッケージングが消費者の知覚リスクに与える影響」小出紗栄・青山佳世・小柳修平,2014年度 青山学院大学経営学部学生懸賞論文・特賞(主催:青山学院大学経営学部経営学会)
「擬人化の程度と主体に着目した擬人化広告の研究:人のようで人じゃない少し人っぽい広告の効果」前田里菜・鈴木真生・寄主奈美,2014年度 青山学院大学経営学部学生懸賞論文・入賞(主催:青山学院大学経営学部経営学会)
「経験の有無によるノスタルジア広告の効果:ほろ苦いあの思い出を越えて」若松彩美・袁陸杰・柴田理那・朴ソヨン,2014年度 青山学院大学経営学部学生懸賞論文・入賞(主催:青山学院大学経営学部経営学会)
「CSR広告に対する原因帰属が大学生に及ぼす影響」佐久間梓・小林紗也加・宮田潤・山田偉久,第2回 日本広告学会関東部会学生広告論文賞・金賞(主催:日本広告学会関東部会)
「『限定』広告キャンペーンが引き起こす大学生の敵意:オウンドメディアと心理的リアクタンスに着目して」亀山大樹・五十嵐怜・佐藤真紀,第2回 日本広告学会関東部会学生広告論文賞・銀賞(主催:日本広告学会関東部会)
「ファッション製品における普及情報の提示効果:バンドワゴン志向・スノッブ志向の観点から」岡田朋・磯村亮太朗・鯉渕正行,第2回 日本広告学会関東部会学生広告論文賞・佳作(主催:日本広告学会関東部会)
「声なくして、人が人を呼ぶ:視覚的なクチコミの可能性」塚本由香・片山詩織・館由依子,第2回 日本広告学会関東部会学生広告論文賞・奨励賞(主催:日本広告学会関東部会)
〈プレゼンテーション〉
「擬人化による天然ガストラック普及プロモーション案」前田里菜・鈴木真生・寄主奈美,全国大学生天然ガストラックマーケティングコンテスト・第3位(主催:公益社団法人 日本マーケティング協会)
「号外が生み出す新聞活性化:『伝統型』『現代型』若者像からの提案」大槻聖良・久野夏季・鶴田桜子・松下愛佳・横山未来,イマドキの大学生 × 新聞 ~ 大学生が新聞・新聞広告を考える(主催:一般社団法人 日本新聞協会)

2015年度
〈論文〉
「ふるさと納税における予期的後悔の影響:もし、この特産品を選んだら」佐久間梓・磯村亮太朗・佐藤真紀・館由依子・塚本由香,2015年度 青山学院大学経営学部学生懸賞論文・入賞(主催:青山学院大学経営学部経営学会)
「外国語表記の広告に対する日本人消費者の態度」大槻聖良・高木翔子・横山未来,第3回 日本広告学会関東部会学生広告論文賞・銀賞(主催:日本広告学会関東部会)
「罪悪感と恥に焦点を当てたマナー改善を促す広告コミュニケーションへの示唆:デジタルサイネージの可能性を見据えて」松下愛佳・入矢夏実・岡絵理奈・久野夏季,第3回 日本広告学会関東部会学生広告論文賞・佳作(主催:日本広告学会関東部会)
「電車内のデジタルサイネージに関する研究:個人の特性と広告を見る状況に着目して」坂元恵理・張美善・鶴田桜子,第3回 日本広告学会関東部会学生広告論文賞・奨励賞(主催:日本広告学会関東部会)

2016年度
〈論文〉
「コラボレーションにおけるキャラクターとブランドの一致度がブランドの本物感に及ぼす影響」横山未来・大槻聖良・片山詩織・久野夏季・鯉渕正行・高木翔子,2016年度 青山学院大学経営学部学生懸賞論文・入賞(主催:青山学院大学経営学部経営学会)
「広告コミュニケーションにおける集団効果モデルの再検討」児玉光・岡本りさ子・齊藤有李,第4回 日本広告学会関東部会学生広告論文賞・銀賞(主催:日本広告学会関東部会)
「私たちの広告、彼らの広告:集団所属意識が広告コミュニケーションに及ぼす影響」岩渕衣里・小糸麻衣香・齋藤宏貴・髙橋麻里奈,第4回 日本広告学会関東部会学生広告論文賞・銅賞(主催:日本広告学会関東部会)
〈企業コラボレーション〉
株式会社ワコール / ブライダルインナーWEBポータルサイト コンテンツ制作立案

2017年度
2017年度は指導教員が特別研究期間のため、卒業論文指導以外のゼミナール活動はお休みでした。

2018年度
〈論文〉
「広告の一部としてのBGMが消費者に与える影響:言語の違いに着目した解釈レベル理論に基づく検討」北川実茶・釡井里夏・冨永一真・渕上綺花・守屋悠衣,第6回 日本広告学会関東部会学生広告論文賞・銀賞(主催:日本広告学会関東部会)
「消費者とブランドの関係にブランド・ニックネームがもたらす効果」長島啓介・内田里菜子・紺野百花・塩田宵子,第6回 日本広告学会関東部会学生広告論文賞・佳作(主催:日本広告学会関東部会)
「ナラティブ構造モデルの再考と消費者心理に及ぼす影響」若松香那・浅川怜子・金子りか・塚越柚衣・吉田真希,第6回 日本広告学会関東部会学生広告論文賞・佳作(主催:日本広告学会関東部会)
© 2019 Yukihiko Kubota