初めまして。6期生のゼミ長を務めております輿石萌花です。
久保田ゼミでは、広告を中心としたマーケティング活動について、
幅広く学んでいます。

このサイトをご覧になっている皆様は、
マーケティングについてどのようなイメージをお持ちですか?
広告、消費者行動…様々なものが該当します。
一口に広告と言っても、
TVCMを思い浮かべる方もいれば、街中で見かけるポスターを浮かべる方もいるでしょう。

私たちのゼミは、広告をいわゆるクリエイティブな観点から学ぶゼミではありません。
どうして広告は人間の心に刺さるのだろうか?
そこにはどんな心理が働いているのだろうか?
そんなことを学術的に学ぶゼミです。

これは、私たちのゼミ活動の一部にすぎません。
たくさんの研究者が日々研究されている、
マーケティング活動という大きな枠組みのどこかほんの一部を、
学生ながら一生懸命掘り下げて考え抜いて新たな発見を見出す。
それが私たち久保田ゼミの研究スタイルです。

そして、私たちのゼミのもう一つの特徴は、
仲間とともにあることです。
3、4年次に執筆する論文は、
3〜4人程度のチームを結成して研究・執筆します。
楽しい時も苦しい時も、
大切な仲間とともに、一歩一歩前進していきます。

一生に恐らく一度しかない、
大学生という潤沢で自由な時間を使って、
私はここに集う仲間とともに楽しく、時に厳しく学ぼうと思います。
学生生活を終え、社会に出た時、
「この経験があってよかった!」
「この経験があったから誰かの役に立てた!」
そう思えることが、私の理想です。
そして、私だけでなく、ゼミ生全員がそう思うことができたらと願いながら、
日々のゼミ活動に向き合っています。